« 土湯峠 | トップページ | 9月の走行距離 »

2008年9月29日 (月)

第7回サイクルフェスタin白河2008

先週の朝練のときにクラブH川さんに誘われて、第7回サイクルフェスタin白河2008に参加してきました。

まずは、その前に朝練に・・・

 最近はすっかり日の出も遅くなり、5時20に郡山に向けて矢吹を出発。

 今日のコースは天栄方面。ローテーションを意識してみんなで練習。長沼を抜け、天栄への緩く長い上りで「あ~!今日もちぎれる~!wobbly」と思ったときにSGさんに引いてもらい何とか先頭集団に追いつけました。(SGさんありがとうございました。)鳳坂峠の入り口から天栄のセブンまでのラストはハイスピードのローテーション!!ゴール前のTリーとM澤さんのスプリントにはとても付いていけませんでしたが、何とかゴール。休憩中にM澤さんから、いろいろとアドバイスを頂き、練習終了。まだまだ集団の走り方が分かっていないので、アドバイスを次回に活かしたいです。

  ここから、会場である泉崎サイクルトラックまで、H川さんとTリーと向かう。Tリーから矢吹周辺の練習コースを教えてもらいながら(いやーこんな近所にいい練習コースがあるとは知らなかった!)泉崎へ。Tリーの家で、コーヒーを頂き、時間調整をし会場に到着。Pa0_0085 Pa0_0084

トラック内にはおもしろ自転車なんかも置いてありました。

 今日の種目は、1000mタイムトライアルと、固定車による最高速測定、それとスタンディングトライアルの三種目。子どもも参加できると言うことなので、幸弥と嫁さんもエントリー。早速受付を済ませ、試走へ。トラックを走るのは生まれて初めて!先月、東日本実業団を見に来たときにバンクの角度にびびりましたが、いざ試走してみると何とかなるもので、何周かしている内にバンクの上までも登れるようになりました。それよりも、心拍数がすぐに上がっていき、以外と苦しいのに驚きました。(もっと平坦ですいすい行くのと思っていた)

 開会式も終わり、競技が始まるギリギリに、家族も到着。Pa0_0081 Pa0_0082

開会式には北京パラリンピックの銀メダリスト藤田征樹選手が

 最初に子ども達のトラック2周(666m)のタイムトライアル。Pa0_0079_2 Pa0_0080_3

力走する幸弥                    藤田選手のデモ

 子どもの部が終わり、大人の部の1000mタイムトライアル。試走してみて、想像以上に1000mと言うのがきついことを知りました。朝から90km程走っていて、脚もあまり残っていないので、とりあえずスタートダッシュに脚を使って、あとは脚も残しつつ3周目にたれないよう乗り切っていこうとスタートラインへ。H川さんと同組でのスタート。

 1周目のホームストレートは50km/hオーバーで終え、もう2周目からは脚もいきもいっぱいいっぱいに、3周目完全に失速しているが、我慢、我慢で何とかラストスパート!目標の1分30秒を切ることが出来ました。その後に、固定所の最高速測定と、スタンディングをやって3種目終了。

 競技終了後は、本物の競輪選手の模擬レースに、藤田選手の1000mタイムトライアル、さらに北京オリンピックの渡邉一成選手の走りと豪華なゲストの走りを昼食の白河ラーメンを食べながら観戦しました。Pa0_0077_2 Pa0_0076_2

プロの走りとプロの最高速測定(上体がぶれずすごい回転でした。)

 最後に閉会式があり、特に順位はつけないとのことでしたが、渡邉選手が商品を出してくれたとのことで各種目の上位者に景品が頂けることとなりました。1000mタイムトライアルでTリーが1位、H川さんが3位。僕は最高速で1位となり、タオルとピンバッチを頂きました。

 子ども達も多く参加して、非常にアットホームな感じのイベントで家族みんなで楽しむことが出来ました。スタッフの皆さんありがとうございました。来年も是非参加したいと思います。Pa0_0072_2 Pa0_0071_2 Pa0_0074_2 Pa0_0073_2

タオルとピンバッチ 会場にはこんな車も(競輪選手の車らしい)

9/24(木)~27(土)ローラー台D:94km

9/28(日)
D:104km
A:25.3km/h
HRA:135

« 土湯峠 | トップページ | 9月の走行距離 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009608/24109821

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回サイクルフェスタin白河2008:

« 土湯峠 | トップページ | 9月の走行距離 »