« 08 ジャパンカップサイクルロードレース チャレンジレース(その1) | トップページ | 日曜朝練 »

2008年10月26日 (日)

08 ジャパンカップサイクルロードレース チャレンジレース(その2)

 フリーランが終わり、いよいよチャレンジレースのスタートです。1周目はフリーランのコール14.1kmで2周目は萩で左折しショートカットの10.3kmで計24.4kmで行われます。

 スタートはチャレンジレースのみの参加者の後ろにフリーランに参加した選手が並びます。出来るだけ前に並びたいと思いましたが、参加者245名の真ん中より後ろ付近でスタート。

 スタート直後に隣の選手が僕の方に急接近!!早速落車か!と思いましたが何とか避けて落車をまぬがれました。しかし、今度は人の波が!!コースの端の方を進み、ひたすら前を目指して進みます。古賀志林道にはいるとやはり集団もばらけてきて走りやすくなりました。と同時に僕もきつくなってきたweep。自分がどのくらいにいるかは全く分からない状態でしたが、林道の頂上を過ぎ、恐怖の下りへ・・・自分にテクニックが無いのはわかりながらも気持ちが焦り、何度かつっこみ気味になりタイヤをロックさせて下りの九十九折りをクリアー!ここからは直線の下り、ひとりで行くのは嫌なので前に見えた集団に追いつき、ローテーションで進みます。どうやらここが第2か第3集団の模様。牧場のシケインを過ぎ、田野の交差点を過ぎ、また上りが、ちぎれそうになりながらも何とか集団に付き、車を駐車した多気の直角コーナーへ。ここでも落車があったようです。さっきの古賀志林道下りでも落車がありましたが結構ハイスピードコーナーがあり危険です。集団のまま鶴C.Cの激坂へ(フリーランでもここが一番きついだろうなと思いました)思った通り足も心肺もいっぱいっぱいです。ふとまわりを見るとみんなもきつそうな様子。自分だけが苦しいんじゃないんだと言い聞かせ1周目を終了。

 そして、2周目に入り、再び古賀志林道へ。やっぱりきついです。「もうここまでがんばったからあとは流してしまえ」という誘惑が・・・半分その誘惑に乗りながら、おっちらおっちら坂を上ります。折角のおニューのR-SYSも、もう効果無し状態でした。頂上を過ぎ、「あ~もう上りはないんだ~!!」(田野からありますが)と思うとまた力が湧いてきました。慎重に九十九折りの下りを終え(また落車がありました。)、直線の下りにはいると4人程で前のもう一つの集団を追いかけます。途中で追いつき田野の交差点付近で15人ほどの集団に。ここでまた上りが!!もうほとんど残っていない力を振り絞り、ちぎれずに付いていきます。萩のショートカットへ交差点でまわりのみんなもラストスパートです。ここで踏ん張れず集団から離れてしまいました。(いつもの練習のときみたいです)残り1kmの看板を過ぎ、集団の後ろの方でゴール!!

 ゴール後、チップを返しに行くとおいしそうなリンゴをもらい、リザルトを待っていると安田大サーカースの団長の姿が!!自転車大好きな幸弥がバイシクルクラブの「安田大坂っす」を読んで以来、大ファンなので写真をお願いして撮ってもらいました。Pa0_0026 Pa0_0025

僕も一緒にお願いして(家族が一番感動していたのはここでした・・)

 オープンレースを見ているときにリザルトが出てこれを見てから、エンドレスの皆さんにあいさつをして、帰りました。

 初めて参加してみましたが、これだけの集団で走るのはすごくおもしろかったです。ちぎれそうになっても人数が多いので、また、集団に復帰できたりして、ロードレースの気分を味わうことが出来ました。課題もまだまだ多いですが練習をしてまた来年も参加してみたいと思います。

リザルト
44分44秒(平均32.7km/h) 

ダブルエントリー 10位 総合49位(目標とした45分、50番いないはクリアー)

D:50km

« 08 ジャパンカップサイクルロードレース チャレンジレース(その1) | トップページ | 日曜朝練 »

レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009608/24761379

この記事へのトラックバック一覧です: 08 ジャパンカップサイクルロードレース チャレンジレース(その2):

« 08 ジャパンカップサイクルロードレース チャレンジレース(その1) | トップページ | 日曜朝練 »